スリーインワン活用術の紹介


by a-young
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

デモンストレーション

午後からは、スリーインワンのデモンストレーションです。

午後からヨガクラスのあるヨッシーが抜け、新たにますみちゃんが加わり、

引き続き6名の参加者となりました。





b0072857_023596.jpg

午後のクラスは、ひろこちゃんのパフォーマンスからスタートしました。

これは、ひろこちゃんが3月に受けてきた「ワンネス」というクラスの中で作成したものです。
別府に来る前からこの絵の事は聞いており、見せてもらうことになっていました。
せっかくなので、私ひとりで見るよりもみんなと見たほうが良い気がして、披露してもらう事になりました。
何枚も絵があり、たくさんの色が出てきて、それがひとつ(ワンネス)になるという絵でした。
すごく素敵だった。
やっぱり、みんなで見ることが出来て良かったなーと思いました。





場が和んだところでデモンストレーションのスタートです♪
ここでは、スリーインワンの残りの3本柱を体感してもらいます。

まずは、身体からのバイオフードバック(ストレス・テスト)です。
私たちの筋肉は、ポジティブなものには強く、ネガティブなものには弱く反応します。
それがどんなものなのか、ヒデに協力してもらってみんなに見せていきました。(写真がないのが残念です)

それから心の地図とも言われている振る舞いのバロメーターの説明。
ひとりひとりが今、パッと目に入ったバロメーターの言葉を選んでもらい、読んでいきました。

どんな感じでこの道具を使っていくかということをザラっと説明した後に、いよいよセッションが始まります。





今日は、アッキーが手を上げてくれて、「新しく書店で働く」というテーマでセッションを始めていきました。
セッション前に「自分ではもう決めているから、問題ないと思うけど・・・。」と言っていたアッキーでしたが、いざセッションが始まると、身体が固まったり、腕がダラダラ状態になったり。
身体は、意識とは違う反応を・・・。
それもスリーインワンの面白いところ。
自分では、大丈夫だと思って、何かやってみても何だかうまくいかない。
そんな時は、今のアッキーのように意識と自分の身体が感じていることに食い違いがあるのかもしれません。
それを統合して、ギュンと望む方向にまっすぐ行っちゃおう!というのがセッションなのです。

どんな風にやるかというのは、ここでお見せしたんですけども。
セッションの内容は、個人的なことになりますので、ここには載せませんね。

現在で問題になっていること(アッキーの場合は「書店で働くこと」)を解消します。
現在では、もうそれで良くなってるんです。
でも、また同じような状況に出会った時に同じように感じたり、振舞ったりする可能性があります。
それが最善の方法なら良いんですよ。
そうでない可能性の方が大きいんですね。(だって問題になるくらいですから)
だから、その原因になった年まで遡って、その年でもストレスを解消します。
そうすることで芋づる式にストレスが解消される訳です。

ちゃんと過去でもストレスが解消されたことを確認して、現在に戻ってきます。
もしかして、未来でも引っかかっていることがあるかもしれないので、必要なら未来へ行きます。
未来でも問題を解決して、現在へ戻ってきます。

現在、過去、未来、すべての時間軸でストレスが解消されたことを確認します。

それでセッションは終わりです。



言葉で書くと、ほんとこれだけですし、読んで下さった方は「?」だと思います。
だからね、見てほしいんですよ。

とっても不思議な感じです。
そして、とっても面白いです。


午前中の構造機能セミナーに参加してくれた方がほとんどでしたので、みんなにも構造機能を観察してもらいながらセッションをしていきました。
アッキーは、くちびるが厚いんですね。
だから、感情的なことを割りと喋ってくれました。

そういった、セッション中でアッキーの構造が動くところもみんなで観察しながらデモンストレーションできて良かったです。



ほんとに和気藹々と楽しくセッションできました。
このメンバーでスタートできたことに感謝します。
ありがとう♪
[PR]
by a-young | 2010-04-10 13:30 | スリーインワン全般