スリーインワン活用術の紹介


by a-young
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

筋肉のリアクティブ

ベーシック・ワンブレインのテキストには右の大胸筋鎖骨部を使って、
筋肉をテストしていくと書いてあるのですが、
私は横の方にメモ書きで「どの筋肉が主要筋か言葉で探す」と書いているのです。
今、実際に使っている方法は、主要筋を言葉で探す方法で良いのでしょうか?

もし、その場合、やはり右側を活性化させるのでしょうか?





筋肉のリアクティブのご質問ですが、「右の大胸筋鎖骨部を使って、筋肉をテストしていく」というのは、ひとつの例としてあげているのです。
ですから、実際には、えがちゃんのおっしゃるとおり、「どの筋肉が主要筋か言葉で探す」というのが適切です。
ゴードンはいつも大胸筋を例として使っています。





引き続き、筋肉のリアクティブの質問なのですが、活性化させるのは主要筋の右側なのですか?
どうして右側の筋肉のなのでしょうか?



それも例です。そのときどきで適切な主要筋を見つける必要があります。
左の筋肉かもしれません。




筋肉のリアクティブでまだ分からない点がありますので、質問させてください。

主要筋を活性化させて筋肉のテストをしますが、
この時、インディケーターチェンジをするのでしょうか?



インディケーターチェンジは、指示筋肉の変化ということで、
指示筋肉とは、答えを指示してくれる筋肉、つまりこちらが筋肉自体の強弱ではなく、
その筋肉を質問に対する答えを与えてくれる器具として使っているときに使われる名称です。

筋肉のリアクティブを調べるときは、それぞれの筋肉自体が強いか、弱いかを調べることになります。
これは指示筋肉としての筋肉ではありません。従って、インディケーターチェンジは、原理上行いません。

[PR]
by a-young | 2010-06-28 20:59 | Q&A