スリーインワン活用術の紹介


by a-young
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

イリオセーカル弁(回盲弁)とヒューストン弁のアンバランス~1~

125ページの4段落目に「このような問題は、オーバーエネルギー、あるいはアンダーエネルギーとして、腎経に現れます。」と書いてあります。

なぜ腎経と関係しているのでしょうか?イリオセーカル弁やヒューストン弁であれば大腸経と関係している気がします。








遅くなりましたが、遅くなった理由は一読して僕も理由が分からなかったからです。今日考えてみましたが。分かりません。ただ、85ページの電解質のバランスでは、その第三段落で「最初は、脾経のエネルギーが電解質のバランスを取る物質や、バランスの取り方、バランスの乱れなどに関与していると考えていました。しかし、研究の結果、任脈のエネルギーが、電解質のバランスに一番関与していることが分かりました」と書いてあります。これから、イレオセーカル弁やヒューストン弁についても研究の結果そうであったことが分かったということだとは思います。いくつか参考になる事柄としては、大腸経と腎経のつながりをあげると、1)五行の図でふたつは陰陽の違いはあるが金と水でとなりであること、2)真昼真夜中の法則でふたつは正反対の場所にあること(大腸は5時-7時AM、腎経が5時ー7時PMであることも意味があるとは思いす。今のところこれくらいしか言えませんが、参考になればと思います。
[PR]
by a-young | 2006-09-27 07:34 | Q&A